30代のさまざまな悩み
悩みすぎに、要注意!

経験と転職

Read the rest of this page

転職の求人に応募する時必要なのは、仕事に対する経験の深さです。企業が中途採用で人員を募集するに当たり、応募者に希望することは即戦力としてどれくらい働いてくれるかどうかというこではないでしょうか。仕事に精通した社員が移動や転職でいなくなってしまった場合、新たに人員を補充する必要があります。内部で人員を調整することもありますが、外から新鮮な空気を入れて業務に専念させる方が効率的です。特に、30代の人は社会人としても中堅に差し掛かり、仕事においても脂が乗りつつある時期で魅力的な人材の宝庫と言えるでしょう。企業にとっては、20代の人を未経験者として採用して仕事を教えるよりも、このような30代にそれなりの報酬を約束してきてもらう方が賢いやりかたと言えるでしょう。
日本の伝統的な企業風土を残した会社では、社内の人事異動でほかのセクションから人員を配置して仕事に熟達もらう方法が一般的です。年功序列・終身雇用・新卒採用が定着している比較的大きな会社では、このような方法で組織の活性化を図って来ました。しかし、純潔主義で従来まで新卒採用一辺倒で発展してきた会社も、中途採用で優れた人材を獲得する機運が大分高まってきたようです。名門企業のホームページを見ても、新卒社員の採用情報と並行して転職者向けの求人情報を記載しています。このような企業に応募してくるのは、意外にも全くの異なった業界からの人たちが多数を占めています。いままで在籍してきた企業で培ったノウハウを新天地で活用することができ、業界が違っても職種はいままでの経験が存分に生かせるシステムになっており、企業にとっても中途入社した人にとっても理想的な形態と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年12月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

アーカイブ